愛人が注意しないといけないこと

愛人になると決めたのなら、いくら好きでも妊娠しないようにしなければいけません。好きであればある程、妊娠したいという気持ちがもたげてきますし、その気持ちを察知してか、君との子供が欲しいという男性もいないではありませんが、妊娠したいという気持ちに負けた途端、愛人としての立場は極めて不幸なものになると私は思っています。
考えても見てください。愛人だということは、相手は妻がいるということです。妻との関係を解消できていないから、恋人にすらなれないのです。この人の子供が欲しいと思い始めたら、経済力に余程自信がない人以外は、その関係は解消した方が良いです。ちなみに、子供ができたら離婚してくれるだろうなどという考え方は甘いです。なぜなら、子供を産んでくれたら、認知するよ、養育費はきちんと払うよと言っても、実際のところはきちんとしてもらっていない人の方が多いという現実があります。
また、男性の言葉、例えば妻が別れてくれなくてとか、愛しているのは君などという言葉を信じて、彼と別れてくださいなどと、妻に言いに行ったりするのも止めておきましょう。愛人がこれをすると、妻は離婚を決意してくれるかもしれませんが、恐らく男性の心は離れていきます。結婚は現実です。離婚が成立して結婚できたとしても、妻がカッコよく、素敵に去っていったら、彼はことあるごとに、前の妻の方が良かったと思われることでしょう。
愛人から妻になりたいと思っている人、多いと思います。そうなれたら良いですが、愛人として始まった関係は愛人のままの方が幸せかもしれません。次の一歩はよくよく考えてから踏み出しましょう。

 

愛人契約したい?だったらこの3つの掲示板で愛人募集して下さい