旅行代理店でアルバイトした時の体験について

大学生の時に個人で経営している旅行代理店でアルバイトしたことがあります。マンションの一室にコピー機や事務机が置いてあり、長期の休みになると税関の申告書の英語で記述するところを旅行者が書くところを事前に代理で記入することがメインでした。
経営している人はめったに姿を表さないので、30代くらいの女性アシスタントの方に仕事の内容を教えてもらいました。この女性の方も普段事務所にあらわれないのでほとんど1人で仕事をこなしていました。
ある日成田にお客さんを引率するので付き合ってくれといわれたので、経営されている方と空港近くのホテルに前泊することになりました。その方はすでに40打代で恰幅のよい男性でしたので、2人で宿泊するのかなと思っていると女性アシスタントの人があらわれました。レストランで食事をご馳走してくれたときに、経営者の男性と女性アシスタントの方と仲良く話し始めたのでこの女性は愛人であることがピンときました。経営者の方はすでに既婚者なのでよく奥さんに知られていないなと不思議でした。レストランのあとに部屋にいくと2部屋用意されていたので、そのうちの1室でお酒を飲むことになりました。
お酒を飲んでいると2人がイチャイチャし始めて童貞はどうか尋ねられてのでそうですと答えると女性の方が急に近寄ってきたので驚きました。冗談みたいだったようで2人とも笑っていたのでこれが大人の関係なのかと衝撃を受けました。
自分の部屋に戻って寝ましたが、今頃何をしているのか気になってあまり眠れませんでした。愛人というと暗いイメージがありましたが、あまりにあっけらかんとしていたので現実の世界はドラマとは異なるのかなと勉強になりました。

 

愛人契約したい?だったらこの3つの掲示板で愛人募集して下さい